可児市特定不妊治療費助成事業について

[概要]

医療保険が適用されず、高額の治療費がかかる体外受精及び顕微授精の特定不妊治療を受けられたご夫婦を対象に費用の一部を助成しています。

[支給内容]

<対象となる治療>

  • 不妊治療のうち保険外診療である体外受精及び顕微授精の特定不妊治療。
  • 岐阜県が指定する医療機関で、4月から3月末までの申請される年度内に終了した治療。
※卵胞が発育しない等により、卵子採卵に至らない場合は、助成対象とはなりません。
※次の治療法は助成の対象とはなりません。
  • 夫婦以外の第3者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療
  • 代理母による不妊治療
  • 借り腹による不妊治療
<助成金額>
  • 1回最大10万円まで、岐阜県の助成を必須とします。(年間助成金額・回数の制限はありません)
  • 助成の回数は、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢によって変わります。
  • 岐阜県など他の助成を受けたときは、その金額を対象費用から差し引きます。
<助成回数>
  • 40歳未満の人は、助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が43歳になるまでに通算6回まで。
  • 40歳から43歳未満の人は、助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が43歳になるまでに通算3回まで。
  • 43歳以上の人は、助成対象外。

[対象者]

次のすべてに該当する方

  • ご夫婦のいずれか一方または両方の住所が市内にある方。医療機関が証明する治療の終了日及び申請日のいずれも可児市に住所を有していることが必要。
  • 法律上の婚姻をしているご夫婦。
  • 夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満である夫婦。(1月から5月までの申請の場合は前々年)

[申請できる人]

対象となる本人やそのパートナー

[申請期日]

所定の申請書に必要な事項を記入し、その他必要書類を添付し治療を終了した日が属する年度末の3月31日までに申請

[手続きなど詳しくは]

「可児市特定不妊治療費助成事業について (可児市サイト)」をご覧ください。

可児市特定不妊治療費助成事業について (可児市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく